3倍行動で好きを仕事にするやる気管理術

S・Hさん(男性)の感想

セルフ・モチベーションセラピーの感想

S・Hさん(男性)

null
中越先生

お世話になります。Sです。

モチベーションセラピー、全てのプログラムを無事終了させることができました。

プログラム2でいきなり頭を悩ませる展開になりましたが、以前のメールのとおりになんとか落とし所をつけて進めていき、その後は比較的スムーズに取り組むことが出来ました。

特に印象的だったプログラムはプログラム4のリソースのお話です。

単なる長所・強みを見つけるだけでなく、過去どういう環境で成功していたかという環境面や、今後成功するまでの具体的な時間のスパンをイメージするのは興味深い内容でした。

カウンセリングでもお話ししたように、自分は組織で動くことが得意ではありません(好きでもないと思います)。

正直なところ、大学生の頃にはとっくに気づいていた事実であったと思います。ただ、当時も今もですが、そういうことを認めるのは、ある意味自分に社会性が足りないことを認めるようで、少し抵抗があるんです。

もちろん、病的に人と意思疎通が出来ないとか、対人関係でトラブルが絶えないとか、そういうことではないんです。

ただ、結局のところ、自分が成功したな、これは上手くいったなと感じる体験を振り返ると、完全な一匹狼ではないまでも、やっぱり基本は組織的に動いて、あるいは組織を動かして成功した、というより、 自分が自分のペースで物事に取り組み、それを許してくれる人や環境があるときに、成功しているなぁ、という感じはあります。

大学受験のときもそうでしたし、塾講師のアルバイトのときもそうでした。

前職の大企業は、ザ・組織です。これもカウンセリングのときにお話ししましたが、入社する前から、「これは長くもたないな」と感じていました。

ただ、先程申し上げたとおり、組織で動くのが苦手、嫌い、こういうことを認めるのに抵抗があり、また、これまでの人生を振り返ってみて、単純に「組織の中で動く」ことに慣れていないだけなのでは? という風にも考えていたので、「まあ、しばらくすれば慣れるだろう、いや、慣れないとダメだ」 と思って、辞めるまで7年間、所属していたわけです。

でも結局、最後まで慣れることはありませんでした。

今あらためて思うことは、「短所の克服もいいけど、長所や強み(プログラムでいうリソース)をもっと活かす方向で考えた方がよい」ということです。

組織の中で動くことに慣れる、組織の中で上手に動けるようになる。もちろんこれができるに越したことはないと思います。

が、それにばかりかまけていても結局自分のしたいスタイルで仕事ができるわけではないですし、それを克服するために多大なエネルギーを必要とします。

無論、多少は克服しなければいけない場面もあるかと思います。が、それはそ こそこに、もっと自分のリソースを精一杯活用できる環境を見つけたり、作り出したりする方がずっと早く、ずっと楽に、やりたいことができる人生を送れるようになると思うのです。

プログラム4を通して、それを感じました。

もう一つは、サポートを受けたプログラム2を通して、「自分は一点集中型の人間ではない」ということに改めて気づきました。

プログラム2で、本筋ではない簿記1級や宅建の勉強をどうするかで悩んだわけですが、色々悩んだ末、結局はそれらを「全捨てする」ことはできませんでした。

「ものを教える」、これは間違いなく自分は得意だと思いますし、過去の経験から天職になる可能性は非常に高い仕事 です。

しかし、自分は今後一生を、それだけに捧げる情熱があるか? と問われれば、それは分からないと言わざるを得ません。

プログラム2に取り組む中で、これまた自分の人生について振り返ったのですが、昔から、「これからずっと」とか、「今後一生」という言葉は苦手でした。

何かに一点集中するのに抵抗があるのです。なぜか? と言われると悩むところですが、おそらくそうすることで「縛られてしまう」こと、また単純に飽きっぽい性格であることが一因だと思います。

何かに一点集中できる人に羨むことは多いです。何か一つを極めていくことに美しさを感じますし、その情熱自体が尊敬に値します。

ただこれも、自分にはどうしてもできないことのように思います。

単なる欲張りなのかもしれません。ゲームの例えで恐縮ですが、自分は「周回プレイ」をほとんどしません。一度全クリしたら基本的には終わりです。周回プレイをすればどんどん強くなって、隠しボスなんかも倒せるようになるかもしれませんが、そこまで強くするなら、一つでも多くの他のゲームをやりたい派です。

とはいえ、簿記などの勉強が「保険」的な意味合いがあることは否定できません。ただ、保険であるとともに、一点集中を嫌がる自分が表れているように、全てのプログラムを終えた今は思います。

なので、負荷がかかりすぎない程度に、そちらの勉強も継続していこうと 判断した次第です。

「このままじゃ何もかも中途半端になってしまうのでは」と思うこともあります。ですが、好きなことを仕事にして生きていく、ということは、好きなことを「一つに絞って」生きていく、ということではないと思っています。

自分の持つリソースや性格、こだわりをベースに、むしろ好きだと思える仕事を教える仕事一つだけでなく、たくさん増やしていければと考えています。

現在は新しくアルバイトを始めました。仕事自体は「つなぎ」ですが、大学受験に関係する仕事です(講師ではありませんが)。

勉強も緩やかに再開しています。身体のために、近所のスパ施設でヨガを申し込んだりもしました。

今後はリソースを意識しながら、自分が一番力を発揮できるような環境作りや身体作り、仕事作りに励む3年間にしていければと思います。

長文失礼いたしました。できれば今年中にもう一度お会いできればと考えています。まだまだ大阪も極めていないので(笑)、その辺も含めて、時機を見てカウンセリングに参上したいと思いますので、その際はまた、よろしくお願いいたします。
null


Sさん

感想ありがとうございます。



組織で働くよりも、

自由に一匹狼の方が、

能力をうまく発揮できる。



これはとても重要なポイント。



この特性を活かした方が、

きっとやる気も出るでしょうし、

よい働き方になると思います。



これからも応援していますね!


プログラムの詳細を知りたい方は、こちらをクリックしてください!



まずは気軽に登録を!

好きを仕事にするやる気管理術無料メールセミナー

人気のやる気プログラム!

30日でやる気を最高にするプログラム

天職探しプログラム

30日で天職が見つかる

コンテンツ

ブログアーカイブ

カレンダー

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  • facebook
天職探し心理学
PAGETOP