fb20


こんにちは。

カウンセラーの中越です。



「好きなことを仕事にしたい。

 でも、やりはじめてみると、

 なぜかやる気が出なくなる…」



こういう相談、

実はとても多いです。



そしてこの悩み、

大半は詰め込みすぎが、

原因になっています。



なぜ詰め込みすぎて、

やる気が出なくなるのか?



今回はそれを説明します。



ということで今回は、

抱え込みすぎてやる気が出ない

スタートします!!





余白がやる気の源





「旅行カバンの中が、

 もう荷物でいっぱい。


 お土産を買ったけど、

 荷物を入れられない…」



そういう経験、

誰もが一度はあるはず。



カバンって実は、

スキマがあるからこそ、

物を入れられるんですよね。



たくさん物を入れたいなら、

一度カバンを空っぽにする。

そしたらまたたくさん入る。




カバンだけでなく、

コップの水も同じです。



表面張力で膨れるほど、

たっぷりなみなみと、

水が入ったコップ。



そこにそれ以上、

水を入れられるでしょうか?



そんなことは、

神様にだって無理です。



一度、

コップを空にしないと、

もう水を汲めません。



余白がなければ、

それ以上詰め込んでも、

あふれかえってしまうだけ。



だから、

空っぽで無があるのが大事。



そういう考え方を、

「無用の用」といいます。




そして実は、

やる気もこれと同じです。



好きを仕事にしたい。

やりたいことを実現したい。



そういうときは、

焦りや不安の気持ちから、

つい詰め込んでしまう。



「もういい歳なんだから、

 1年以内でなんとか、

 結果を出さないと…」



誰でもそういう気持ちに、

なってしまいがちです。



「資格の勉強も、

 独立開業の準備も、

 早くやらなくちゃ…!」



「自分磨きのために、

 習い事もやらなくちゃ…!」



「今の仕事だって、

 手を抜くわけにいかない。

 残業もやらなくちゃ…!」




そんなに詰め込んでは、

やることが溢れかえって、

もう入りきりません。



詰め込みたいけれども、

もう容量がいっぱい。



だから何をやっても、

集中できずやる気が出ない。

中途半端になっちゃう。



新しい物を詰めるには、

まず入ってる物を減らす。

それが大事なんです。



「少し残業を減らす」

「一つ習い事を減らす」

「テレビの時間を減らす」



なにかを減らして、

自分の中に空白を作る。



「少しヒマだな~」



それくらい余裕がないと、

新しい物は詰め込めない。



人間だって「無用の用」。



空っぽの人の方が、

たくさん吸収できるんです。



やる気が出ない。

集中ができない。



そういうときは、

まず減らすことを考える。



どんな人間だって、

余裕がなければ、

やる気が出ないですよ。



やる気が出ないときには、

セルフモチベーションセラピーが、

きっと役に立つはずですよ。
http://motivation-sinri.com/stepup




□好きを仕事にするやる気管理術□
□30日でやる気を最高にする!□
□セルフモチベーションセラピー□

「好きなことを仕事にするために、
 無理な根性論にはまることなく、
 今の3倍行動できるようになる」

そのプログラムを知りたい人は、
こちらをごらん下さい!

http://motivation-sinri.com/stepup



=====================
今回のポイント

★詰め込みすぎてやる気でない!

★人間も余白や空白が大事!

★このブログを毎週読みたい方への朗報!!
やる気を出すための5日間無料メールセミナーに登録していただくと、
このブログの記事が、毎週あなたのメールBOXに届きます。
http://motivation-sinri.com/stepmail

★3倍行動で好きを仕事にするやる気管理術
セルフモチベーションセラピープログラムは、
こちらをクリック!
http://motivation-sinri.com/stepup




=====================




■カウンセラー中越の著書はamazonで!

新刊
『好きなことが天職になる心理学』

『やる気が出る心理学』

『絵本を読むと天職が見つかる』

「天職」がわかる心理学





■ 編集後記


急に寒いですね。

まだストーブ出してない。

急いで出さないと。