fb08


こんにちは。

カウンセラーの中越です。



好きを仕事にしたい人、

やりたいことを仕事にしたい人。



そんな人に、

ぜひ知ってもらいたい言葉。



それは東洋哲学、禅の言葉で、

「且緩々」(しゃかんかん)

という言葉です。



着実に行動するために、

この言葉はとても大事です。



最近の心理学には、

東洋哲学も影響を与えてますが、

この言葉はとても面白いですよ。




というわけで今回は、

好きを仕事にできる人は、すぐに結果を求めない

スタートします!!





焦らず落ち着くが近道!!





むか~しむかし、

あるところに、

お坊さんがいました。



そのお坊さんは、

「少しでも早く悟りをえたい!」

そう思ってすごく焦ってました。



だから自分のお師匠に、


「どうすれば、

 悟りをえられますか…!」


と慌てて質問ばかり。




そのとき、

お師匠がいった言葉が、


「且緩々」(しゃかんかん)


なんだとか。



その言葉の意味は、

わかりやすく僕なりにいうと、


「あわてなさんな。

 焦らず、ゆっくりと、

 落ち着いてみなさい」


という意味です。




焦った心では、

悟りなど得られるはずがない。

これって当然ですよね。



落ち着いて一つずつ、

今できることをちゃんとやる。



その方が仏教の修行も、

きっと効果があるのでしょうね。




さて、好きを仕事にする。

やりたいことを実現する。



そのときも「且緩々」は、

とても重要なんです。



焦って結果を求めるあまり、


「あれもやらなきゃ…!

 これもやらなきゃ…!」


そんな気持ちでいっぱいで、

結局、なにも行動できてない。



気持ちばかり焦って、

やるべき実際の行動が、

何もできていない。



そういうことって、

誰にでもありますよね。



そういうときこそ、

まずは落ち着くこと。



焦らず、ゆっくりと、


「今やるべきことは何か?」


一度、基本に戻って、

紙に書き出してみること。



そして小さくていいから、

一つ一つやっていくこと。




「5分だけでも勉強してみる」

「とりあえず講座に申し込む」

「計画表だけでも立ててみる」



今日、今すぐにできる、

小さなことだけでいいんです。



落ち着いて一つ一つ、

ゆっくりと着実にやる。



結局はそれが、

一番の早道なんです。




焦ったところで、

結果は出るもんじゃない。



落ち着いて考えれば、

今やるべき小さな行動は、

いくつでも思いつくはず。



それを着実にやることしか、

僕たち人間にはできません。




だから落ち着いて、

今すぐできる行動を、

一つでも書き出してみる。



それが好きを仕事にする、

一番の近道なんですよ。



□好きを仕事にするやる気管理術□
□30日でやる気を最高にする!□
□セルフモチベーションセラピー□

「好きなことを仕事にするために、
 無理な根性論にはまることなく、
 今の3倍行動できるようになる」

そのプログラムを知りたい人は、
こちらをごらん下さい!

http://motivation-sinri.com/stepup





今回のポイント

★焦らず一つずつ!

★今日できることを書き出す!

★このブログを毎週読みたい方への朗報!!
やる気を出すための5日間無料メールセミナーに登録していただくと、
このブログの記事が、毎週あなたのメールBOXに届きます。
http://motivation-sinri.com/stepmail

★3倍行動で好きを仕事にするやる気管理術
セルフモチベーションセラピープログラムは、
こちらをクリック!
http://motivation-sinri.com/stepup








■カウンセラー中越の著書はamazonで!

新刊
『好きなことが天職になる心理学』


『やる気が出る心理学』

『絵本を読むと天職が見つかる』

「天職」がわかる心理学





■ 編集後記


最近、ニキビが増えました。


何でだろうと理由を考えると、

花粉対策のマスクが原因。


今くらい暖かいと、

マスクの中がむれるんです。


かといってマスク無しでは、

まだまだ花粉がキツい…。

難しい問題です。