flo01

こんにちは。

カウンセラーの中越です。



僕が整骨院で聞いた、

肩こりにならない方法。



これが案外、

高いやる気の維持にも、

つながった話なんです。



さて、

肩こりを治すのと、

高いやる気の維持。



どんな関係が、

あるのでしょう?



というわけで今回は、

「先取り」のやる気が出る方法。

スタートです!!





□疲れる前が大事!




カウンセラーは、

ずっと座りっぱなしの仕事。



カウンセリングも、

文章を書く仕事も、

座りっぱなしです。



だから、

肩こりになりやすく、

整骨院に通ってます。




特にいまみたいに、

新しい本を書いてるとき、

かなり肩がこります。




そんな僕が、

整骨院に通っていて、

良くいわれる言葉。




「とりあえず1時間、

 パソコンに向かったら、

 まだ疲れていなくても、

 10分休憩してください。


 疲れる前に休むのが、

 肩がこらないコツですよ」




たしかに、その通り。



肩がこってから休んでも、

なかなか回復はしません。



ちょっとくらい

ストレッチをしたところで、

焼け石に水状態…。



肩こりがガンコになると、

回復に時間がかかります。




それなら、肩がこる前に、

10分でいいから休憩する。



そのほうが、

ずっと効果的。



結果的に、

肩がこっていない分、

仕事もはかどるのです。




さて、これと同じこと、

心のエネルギーである、

やる気にもいえるのです。



へとへとになるまで、

無理をしてがんばって、



「もうダメ…。

 これ以上は限界…。」



そういう疲れは、

1~2日休んだところで、

スッキリ回復しません。



そういう状態では、

もちろんやる気も出ません。




特に夢や目標がある。



そういう時に僕たちは、

「今は無理してやらねば…」、

とついがんばり過ぎる。




「昼間は仕事をして、

 夜と土日は夢のために、

 すべて時間を使う…」



こうやってがんばりたい。

そういう気持ちも大事です。



でも、それでは、

ガンコな疲れをためて、


「もうダメ…。

 これ以上は限界…。」


となってしまう。




そして、しばらく、

やる気の出ない日々が、

続いてしまうのです。



これでは、

いくらがんばっても、

逆に効率が悪い。



だから、大切なのは、

「疲れる前に休むこと」。

肩こりと同じですよね。




「仕事から帰ったら、

 30分だけ過眠を取って、

 資格の勉強をする」



「仕事も合間でも、

 ちょっとサボって、

 休憩を確保する」



「月に数回でいいから、

 自分のご褒美の日を、

 決めてしまっておく」




そうやって、

疲れきってしまう前に、

回復ポイントを作る。



そういうやり方の方が、

やる気が長続きします。



結果としては、

そのほうが効率いいですよ!




□30日でやる気を最高にする!□
□セルフモチベーションセラピー□


結果につながる、

実践的なやる気の出し方…?

知りたい人はこちらへどうぞ!
http://motivation-sinri.com/stepup





今回のポイント

★プレッシャーで好きを忘れる!

★たまにはただ楽しいからでやる!

★このブログを毎週読みたい方への朗報!!
やる気を出すための5日間無料メールセミナーに登録していただくと、
このブログの記事が、毎週あなたのメールBOXに届きます。
http://motivation-sinri.com/stepmail

★本気のやる気を出したいなら、こちらをクリック!
http://motivation-sinri.com/stepup








■カウンセラー中越の著書はamazonで!


『やる気が出る心理学』

『絵本を読むと天職が見つかる』

「天職」がわかる心理学





■ 編集後記


ファイヤーエムブレムif、

めっちゃ面白いです。


サクサク進みますね。


でも、

お気に入りキャラを、

育てたくなってしまう。


そうすると、

途端に時間かかります。



おもしろいだけに、

やりすぎに注意ですね。